子育て 東三河

もうすぐ終了!ラグナシアのトーマスのイベントに行ってきました。(愛知県蒲郡)

更新日:

愛知県蒲郡市にある、ラグーナテンボスの遊園地「ラグナシア」のトーマスイベント「きかんしゃトーマスとなかまたちINラグナシア」に行ってきました。

実は、去年の10月末から開催していたのですが全く知らず。

年末にテレビCMを見て知りました。

まさかの2018年1月15日までということで、トーマス好きな息子を連れて急いで行ってきました!


【オンライン限定価格】プラレールトーマス きかんしゃトーマス ベーシックセット

 

ラグーナテンボスとは

2014年まで「ラグーナ蒲郡」という名前で運営していましたが、長崎のハウステンボスを運営しているHISが立ち上げた会社が運営を引き継ぎ、現在の「ラグーナテンボス」という名称になりました。

ラグーナテンボスの中に、遊園地(ラグナシア)、フェスティバルマーケット、タラソテラピー(タルゴ ラグーナ)、天然温泉(ラグーナの湯)、ホテル(変なホテル、ラグーナ ヒル)があり、海を楽しむ複合型の施設となっています。

最近では、変なホテルが開業したことで、話題となりました。

フェスティバルマーケットにあるお魚市場などは、観光客に人気のスポットになっています。

 

ラグナシアについて

海をテーマにしたテーマパークで、夏には、園内中央がプールになり水着でアトラクションに乗ることもできます。

宝塚のショーがあったり、夜には、プロジェクションマッピングを行ったりと、とても充実した内容となっています。

場所は、お魚市場やアウトレットのあるフェスティバルマーケットに隣接(道路を挟んで隣)したところにあります。

 

 

入場料

乗り物も乗れるパスポートは大人(中学生以上)4100円、小学生3000円、幼児(3歳以上)2250円です。

入園料のみは、大人(中学生以上)2150円、小学生1200円、幼児(3歳以上)700円です。

ショーやプロジェクションマッピングもありますし、子供向けの乗り物がある場所にはちょっとした無料の遊具があります。

公園などにあるような遊具。

小さい子供を連れている場合は、入園料だけでも楽しめると思います。

(必要に応じて、乗り物ごとに料金を払うことも可能です。)

 

アクセス

公共交通機関の場合は、JR蒲郡駅より、無料シャトルバスが出ているので、そちらからが便利です。

駐車場も沢山あるので、車での来園も可能です。蒲郡は、温泉もたくさんあるので、車で行くと他の観光スポットも回りやすいと思います。

駐車場は、ラグナシアの駐車場が800円/日(繁忙期は1000円/日)、フェスティバルマーケットでは、20分/100円とあります。

フェスティバルマーケット駐車場は、最初の1時間無料で、2000円購入すると更に2時間無料となるので、お買い物や食事をするのであれば、短時間利用はそちらの方が安く済む場合もあります。

 

きかんしゃトーマスとなかまたちINラグナシアの感想

トーマスのイベントにはラグナシアの入園料の他に入場券300円が必要です。

子供が小さく、寒い時期でもあったので、ラグナシアの乗り物には乗らないと考え、ラグナシアの入園券のみ購入しました。

(3歳未満は、入園料もトーマスの入場券も必要ありません。)

 

また、大人二人で子供一人を連れて行くのももったいないかなーと思ったので、私一人で子供を連れて行くことにしました。

結論からいうと、パパも連れて行かなくて良かったです。

入園料と入場券を大人もう一人分払っていくのはちょっともったいないなーと。

 

人手があった方がいいアトラクションでもなかったので、一人で十分でした。

強いて言えば、写真が撮れないので、カメラマンとして連れてきても良かったかなーと。

 

さて、内容はというと、

ラグナシアに入園し、すぐに左右に分かれてメイン会場とサテライト会場があります。

スタッフの方に伺うと、どちらでも入場券を購入ことができ、どちらから行ってもらってもイイとのこと。

「メイン会場には大きなトーマスがいて写真が撮れますよー!」と言われたので素直にメイン会場へ行きました。

 

入口に着くまでに、左右にお土産屋さんやゲームセンターのような場所があり、上手に足止めを食らいます。

なんとか切り抜けていくと、入り口が。

お姉さんが一人で対応されており、並んでいるのは10人くらいでしたが、意外と入場に時間がかかりました。

メイン会場には、トーマスをテーマにしたゲームが数台と写真撮影スポット、トーマスのおもちゃで遊べるプレイルームがありました。


トーマス木製レールシリーズ 電動パーシーY4423 フィッシャープライス【マテル・マテル版・リニューアル・おもちゃ・玩具・きかんしゃトーマス・機関車トーマス・Thomas and Friends Wooden Railway】【TC】【取寄品】

 

「うーん。なんか、ちょっと照明が暗くて、タイムスリップした感じ・・・。」

それでも、子供はトーマスに走り寄っていき、写真を撮れと指示しそれなりに楽しんでいるようでした。

 

一通り遊んだあと、今度はサテライト会場へ。

こちらは、トーマスの列車に乗るアトラクションと、迷路がありました。

トーマス列車は子供が気に入ったので、数回乗りました。

(午前中に行ったので、そこまで行列もなく、数分待てば乗れました。)

 

その後、せっかく来たのだから、と園内を散策して、無料遊具で遊んで、でも寒いしお腹空いたからということで退園しました。

 

その時点で、12時!

10時半頃入場したので、2時間も遊んでない・・・。

 

再入場はできるので、フェスティバルマーケットで一度ご飯を食べて、また遊びに行けばいいかと思いましたが、子供も疲れて寝てしまったので、ご飯を食べて少しお買い物をして帰宅しました。


スイスイおえかき かく! きく! かぞえる! おしゃべりトーマス

 

まとめ

トーマスだけを目的に行くのであれば、午前中だけでも十分楽しめます。

子供が小さいと長時間遊ぶのも疲れますし、寒いとかわいそうなので、ちょうどいいかもしれません。

休日でしたが、そこまで混雑している様子もなく、すんなり回ることができました。

 

個人的には、入場料300円ならこの程度かと妙に感心してしまいました。

ですが、子供にとっては、憧れのトーマスなので、楽しいと思いますよ!

 

今回、宝塚のショーを見そびれたので、せっかく入園料払うのならば、それもぜひ見て行ってください!

 

隣にフェスティバルマーケットや温泉などもあるので、ご家族で別行動っていうのもありですね。

 

閉幕まであと一週間!ご興味のある方はお急ぎください。

 







-子育て, 東三河

Copyright© ぴよちゃんの子育て日和 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.